中東の建物に防水工事が皆無なワケ

中東の建物は防水工事が皆無だったりするわけですが、
理屈としては簡単で雨がほとんど降らなかったりするからなんですよね。
雨がほとんど降らなければ防水の必要もないということで、
ほとんどの建物では皆無ということになります。
それを聞いたときには驚いてしまったのですが、考えてみれば特別不思議な話ではなく、
雪の降らない地域では積雪対策をすると行ったことはありませんから、
中東からすればそれと同じ感覚なのだろうなと感じました。
水が貴重な地域ですから水を無駄に使うということもないので、
防水にこだわる必要もないのでしょうね。
逆に水が漏れては困るようなものはしっかり対策されていますから、
水のことを全く気にしていないというわけでもないようです。

防水工事の相談するならこちらの会社さん
防水工事のアバロン|東京板橋から埼玉、神奈川、千葉まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です