ウユニ塩湖と中東の建物を見るために海外一周

中東の文化や建物に惹かれる方はとても多いでしょう。
中でもイスラム建築と言われる石をふんだんに使用したモスクの曲線と
直線美はそそられるものがあります。
またそんな歴史的な建造物があるにもかかわらず
最近建築中の近未来的なビル群なども魅力的です。
そのような文化とともに一気に渡米し、
かねがね気になっていたウユニ塩湖までも行ってしまうのも良いかと思案。
ウユニ塩湖というのはアンデス山脈が隆起した際に海水が
そのまま残って出来た塩原の事で、
よく世界で一度は見てみたい景色に挙げられる天空の鏡と称される
面積約10,582㎢の塩の大地の事を言います。
中東からボリビアという飛距離になりますが
生きているうちに一度は見た方が良い光景でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です